前へ
次へ

古銭買取業者に最近発行された硬貨の査定依頼

紙幣には発行年数ではなく番号などが印刷されています。
その番号を見ると一応は発行年がいつになるかなどがわかるのでしょう。
ただ紙幣は紙なので何度も使われればそれなり傷みが出てきて使えなくなるのも早いです。
何十年も使い続けられることはあまりないかも知れません。
一方硬貨には番号ではなく発行年が刻印されています。
古いものだと昭和何年とありますし最近のものなら令和元年や2年などになるでしょう。
大半は平成何年の刻印になりそうです。
古銭買取においては古銭の査定や買取、さらに販売をする業者が行ってくれます。
何を古銭とするのかは業者によって異なり、現在流通しているお金は該当しないとするところもあれば対象としているところもあります。
最近発行されて普通に出回っているものの中に価値があるものがあるのか疑問に感じるかもしれませんが、実は各硬貨は年によって発行枚数が大きく異なります。
大量に発行された年もあれば極端に発行されなかったり全く発行されない年もあるようです。
もし全く発行されていない年に発行されたと刻印のある硬貨を見つけても喜んではいけません。
それは発行されていないはずの硬貨なので出回るわけがないからです。
つまりは偽のお金となり使ったら知らなくても問題になるかもしれません。
一方発行枚数の極端に少ない年の硬貨は古銭買取業者の中には額面価格よりも高い査定をしてくれるところがあります。
まずはそれぞれの硬貨の毎年の発行枚数を調べて、発行枚数が少なくなっている年を探しましょう。
古銭買取業者が最近発行された効果に対してつける査定は額面の数倍から数十倍程度です。
10円玉なら20円から高くて数百円ぐらいです。
そして意外に財布の中で見つけられたりします。
見つけたらすぐに古銭買取してもらうかですが、業者に持って行っても額面の価値しかないと言われることも多いです。
今流通している硬貨を古銭買取してもらうにはほぼ未使用状態であるのが条件になるでしょう。
それなりに使われていると古銭買取の対象から外れます。

Page Top